ホーム > バリアフリーリフォームとは >  復興支援・住宅エコポイントについて

 復興支援・住宅エコポイントについて

国土交通省・環境省及び経済産業省で実施されている復興支援・住宅エコポイント
についてのご案内です。


復興支援・住宅エコポイント

復興支援・住宅エコポイントとは

地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化、住宅市場の活性化、東日本大震災の被災地復興支援のため、
エコ住宅の新築またはエコリフォームをした場合にポイントが発行され、
そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる制度です。

対象者

平成23年11月21日~平成24年10月31日にエコリフォームの工事着手したものを対象とします。

エコリフォームとは?

  • 窓の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

これらと併せて、以下のaからdの工事等を行った場合は、ポイントの発行対象となります。
a.バリアフリー改修(手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
b.住宅設備(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽)の設置
c.リフォーム瑕疵保険への加入
d.耐震改修

バリアフリー改修の詳細

手すりの設置

トイレ、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路に手すりを取り付ける工事です。手すりを転倒予防もしくは移動または移乗動作に資することを目的として取り付けるものがこれに該当します。

取付けに当たって工事(ネジ等で取りつける簡易なものを含む。)を伴わない手すりの取付けは含まれませんが、一体工事として手すりを取り付ける工事に伴って行う壁の下地補強や電気スイッチ、コンセントの移設等の工事は含まれます。

段差解消

便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路の床の段差を解消する工事です。(勝手口その他屋外に面する開口の出入口及び上がりかまち並びに浴室の出入口にあっては、段差を小さくする工事を含む。)

敷居を低くしたり、廊下のかさ上げは固定式スロープの設置等を行う工事がこれに該当します。

取付けに当たって工事を伴わない段差解消板、
スロープ等の設置は含まれませんが、一体工事として廊下のかさ上げ工事に伴って行う下地の補修や根太の補強等の工事は含まれます。

廊下幅等の拡張

介助用の車いすで容易に移動するために通路または出入口の幅を拡張する工事です。

通路又は出入口(以下「通路等」という。)の幅を拡張する工事であって、工事後の通路等(当該工事が行われたものに限る。)の幅が、おおむね750mm以上(浴室の出入口にあたってはおおむね600mm以上)であるものがこれに該当します。

具体的には、壁、柱、ドア、床材等の撤去や取替え等の工事が想定されます。また、通路等の幅を拡張する工事と併せて行う幅木の設置、
柱の面取りや、通路等の幅を拡張する工事に伴って取替えが必要となった壁の断熱材入りの壁への取替え等の工事は一体工事として含まれます。

発行されるポイント数

1戸あたり300,000ポイントを上限
工事等内容に応じて2,000~100,000ポイント
耐震改修を行った場合は1戸あたり300,000ポイントの上限とは別に150,000ポイントを加算。

※ポイントの発行上限には、過去に発行された住宅エコポイントと復興支援・住宅エコポイントを合計したものを含みます。

参考:復興支援・住宅エコポイントHP

バリアフリーリフォームのご相談など、お気軽にお電話ください。
  • 施工事例紹介
  • 施工の流れについて
  • よくあるご質問と回答

お問い合わせ・ご相談

福祉住環境コーディネーターや建築士が、わかりやすくご提案いたします。お気軽にご相談・お問い合わせください。

新潟市に密着して30年以上の実績 あおやまメディカルなら安心
288 2018.4.30現在
324 2016年度実績

新潟市に密着したサービスでお客様をサポートいたします。
お気軽にご相談ください。

おすすめのコンテンツ

バリアフリーリフォームの必要性

バリアフリーリフォームの必要性

介護リフォームは住まいだけでなく心身を充実にします

福祉住環境コーディネーターや建築士が、わかりやすくご提案いたします。 お気軽にご相談・お問い合わせください。(月~土 9:00~18:00) ページの先頭へ戻る