ホーム > バリアフリーリフォームとは > バリアフリーリフォームで介護保険サービスを利用する

介護保険サービスを利用する

介護保険サービスの対象個所と施工の流れをご案内いたします。

バリアフリーリフォームで介護保険サービスを利用する

要支援または要介護認定を受けられた方が、手すりの取付や段差解消の工事等により、
対象となる方の自立を助け、QOL(生活の質)を高めることを目的とした改修工事を行うサービスです。

在宅においての生活に支障がないように、20万円を限度として9割の住宅改修費が支給されます。

限度額20万円まで、1割負担で施工できるのでとっても安心!次は対象項目をチェックしよう!

対象となる改修項目

介護保険サービスの
対象となる
改修項目
1. 廊下や階段、浴室やトイレなどの手すりの取付
2. 段差の解消
3. 滑りの防止、移動の円滑化のための床材の変更
4. 引き戸などへの扉の取替え
5. 和式便器から洋式便器への取替え
6. 上記1~5で必要な付帯工事
介護保険サービスを利用して行う場合は、事前申請が必要。あおやまメディカルなら申請を代行してくれるので安心。

介護保険サービスを利用したバリアフリーリフォームの流れ

1.ご相談・お問い合わせ

お客様のご都合をお伺いし、当社の施工管理者(建築士)と専任担当者がご自宅にお伺いいたします。
ご要望をお聞きしながら、家屋の調査を行います。

フリーダイヤル0120-834-449 メールからのお問い合わせはこちら

2.お見積もりの提出

ご要望に基づき、住環境を改善するリフォームプランをご提案いたします。
ご自宅にお伺いし、お見積書の内容をご説明いたします。
お支払い方法は、「受領委任払い」と「償還払い」からお選びいただけます。

POINT
  • 受領委任払い・・始めから工事費用の1割をお支払いいただく方法です。
  • 償還払い・・一旦、全額をお支払いいただいた後、9割が後から支給される方法です。

3.ご契約・事前申請手続き

お見積もり確認後、契約を締結させていただきます。
必要書類の作成や市区町村への事前申請書類を提出いたします。

POINT

※申請手続きは当社にて代行して行います。

4.施工許可通知

事前申請書類の提出後、お客様の元へ市区町村より約1週間で「施工許可通知」が届きます。
通知がありましたら、お手数ではございますが、当社までご連絡下さい。
その際に施工日及び工期やその他注意事項についてご案内をさせていただきます。

5.施工

当日は施工前に施工管理者と施工担当者が施工箇所や仕様について再度ご説明させていただきます。 ご不明な点は何なりとお申し付け下さい。

6.施工完了確認・事後申請手続き

施工完了いたしましたら施工管理者がお伺いし、施工状況について「契約書通りに完成しているか、
不具合はないか、施工時に問題はなかったか」などについて確認いたします。
必要書類の作成や市区町村へ事後申請書類を提出いたします。
※申請手続きは当社にて代行して行います。

POINT

※申請手続きは当社にて代行して行います。

7.お支払い

事後申請が完了いたしますと、お客様の元へ市区町村より「決定通知」が届きます。
通知後、集金にお伺いいたします。(受領委任払いの場合)

8.安心保証

施工完了より2年間の保証期間があり、通常使用による破損や不具合は
無償修理いたします。

バリアフリーリフォームのご相談など、お気軽にお電話ください。
  • 施工事例紹介
  • 施工の流れについて
  • よくあるご質問と回答

お問い合わせ・ご相談

福祉住環境コーディネーターや建築士が、わかりやすくご提案いたします。お気軽にご相談・お問い合わせください。

新潟市に密着して30年以上の実績 あおやまメディカルなら安心
288 2018.4.30現在
324 2016年度実績

新潟市に密着したサービスでお客様をサポートいたします。
お気軽にご相談ください。

おすすめのコンテンツ

バリアフリーリフォームの必要性

バリアフリーリフォームの必要性

介護リフォームは住まいだけでなく心身を充実にします

福祉住環境コーディネーターや建築士が、わかりやすくご提案いたします。 お気軽にご相談・お問い合わせください。(月~土 9:00~18:00) ページの先頭へ戻る