ホーム > 施工事例 > トイレ

トイレの施工事例

  • リフォームのポイント
  • 事例

トイレのバリアフリーリフォームのポイント

和式便器での動作は身体的な負担が大きく、手すりの取り付けと合わせて洋式便器への変更が必要です。
また既存の洋式便器が低く立ち座りに負担がある場合は、便座と便器の間に補高便座を挟み込む方法もあります。

介護保険サービスを適用できる改修項目

  • 洋式便器などへの便器の取り替え
  • 手すりの取付け 等

施工事例 -トイレ-

和式から洋式便器への取り替え、手すりの設置

以前の状況:
自宅トイレのスペースが狭く段差のある和式トイレで、つかまる箇所がない為転倒の危険性が高い状況です。
また筋力の低下から和式トイレにまたがる動作も困難で困っています。
バリアフリーリフォーム後の状況:
洋式トイレに変更する事で容易に排泄動作が行えるようになり、
またトイレ内の壁付手すりを取り付けることによって安全な立ち座り動作が確保できるようになりました。
BEFORE

洋式に替え、手すりを設置し安全な動作を確保しました。

AFTER

和式でつかまる箇所がなく、転倒の危険性があります。

その他の施工事例 -トイレ-

ウォシュレット付補高便座取付け

BEFORE

取り付け後、床から便座までの高さが上がり、立ち座り動作が楽になりました。

AFTER

便座の高さが低く、立ち座りの動作が困難になっています。

ページの先頭へ戻る
バリアフリーリフォームのご相談など、お気軽にお電話ください。
  • 介護サービスについて
  • 施工の流れについて
  • よくあるご質問と回答

お問い合わせ・ご相談

福祉住環境コーディネーターや建築士が、わかりやすくご提案いたします。お気軽にご相談・お問い合わせください。

新潟市に密着して30年以上の実績 あおやまメディカルなら安心
330 2018.6.30現在
324 2017年度実績

新潟市に密着したサービスでお客様をサポートいたします。
お気軽にご相談ください。

おすすめのコンテンツ

バリアフリーリフォームとは

バリアフリーリフォームとは

お困りのご自宅を、快適にして生活しませんか。

福祉住環境コーディネーターや建築士が、わかりやすくご提案いたします。 お気軽にご相談・お問い合わせください。(月~土 9:00~18:00) ページの先頭へ戻る